健康食品

健康食品&サプリメントの総合サイト

健康食品&サプリメントの総合サイト

健康食品&サプリメントの総合サイト

ご注意

健康食品&サプリメントの総合サイトでは、タイ王国のメディカルハーブサプリメントを中心に健康食品やサプリメントの総合的知識を記述しています。
ただし、本サイトは、個人的見解や立証されていない知識も含むため、健康食品&サプリメントの総合サイトの利用には細心の注意が必要です。したがって、本サイトの2次的利用等に関してはそれを禁じます。

マイハーブプログラム PR広告

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

一般的に健康食品やサプリメントは、まずは、普段の食生活を安定させて、プラスアルファというのが基本になるようです。いわゆるジャンクフードばかりを食べていて、サプリメントや健康食品を食べているから大丈夫!というわけにはなかなか行かないようです。
さて、日本においても、サプリメント、健康食品が市民権を得て、さまざまな種類のものが数多く販売されるようになってきました。
そして、そのほとんどがケミカル商品であり、化学合成された物質で作られていることが多いと言われています。これはもちろん、「売る側」のコストパフォーマンスによるもので、では、健康になるために飲んでいる健康食品やサプリメントが、果たしてケミカル商品で良いのか?という問題につながっていきます。
私たちは「健康になりたいから」健康食品やサプリメントをわざわざ飲むわけです。
さぁ、これから、一緒にそのあたり、考えていきましょう!

全く新しいコンセプト-マイハーブプログラム-

マイハーブプログラムは今までにない、全く新しいコンセプトの下、開発された完全無農薬・完全無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブサプリメントブランドです。

ベースハーブと機能性ハーブ

マイハーブプログラムのコンセプトは、ベースハーブと機能性ハーブに分かれており、身体機能を本来のものに戻したり、ボトムアップを図る、ベースハーブと、気になるところを重点的に改善していく機能性ハーブに分かれています。

完全無農薬・完全無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブサプリメントブランド:マイハーブプログラム完全無農薬・完全無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブサプリメントブランド:マイハーブプログラム

①目的のハーブを探して見つける

7,000ヘクタール以上(山手線の内側が約6,000ヘクタール)の農地があります。その中を作業員は毎日目的のハーブを探し続けています。

なぜ、そんな作業が必要なのか?

植物は動くことができません。つまり、その場所が一番その植物にとって「最適」の場所である。という考え方なのです。

品質の良いメディカルハーブを作る為に日々、私達はメディカルハーブを探し続けています。

②その場で株分けする

超自然農法では、「農薬」「肥料」が必要ありません。なぜなら、自然のままだからです。

植物の好きな場所で、株分けをします。少しずつ、あまりたくさんにならないように。増やしすぎてしまうとそこは「畑」となり、『自然』ではありません。『自然』でなくなると、自然に戻そうとするため、虫や病気が発生するのです。ですから、超自然農法では、増やしすぎない、自然を崩さないという考え方で株分けをしていきます。

また、過酷な自然で育つことで、メディカルハーブはその中に「抗酸化物質」を増やします。その「抗酸化物質」が私達に利益を与えてくれます。決して、大きく(ぶよぶよ)に育てることが目的ではありません。もちろん、「肥料」は自然を壊す要因でもありますので、決して使うことはありません。

③増やして少しずつ収穫

自然を壊さないことが基本の「超自然農法」では、育ってきたメディカルハーブを乱獲することもありません。「乱獲」することはすなわち、自然を壊すことにつながるからです。

適切に育ったメディカルハーブのみを適切な時期に収穫することで、メディカルハーブの効果を最大限に生かすことができるのです。

ちなみに、プエラリア(白ガウクルア)等、特定のメディカルハーブは収穫時期によって有効成分が著しく少なくなることがあります。そういったこともタイ伝統医学をはじめ、豊富な経験から適切に対処して、最高のパフォーマンスが得られる時期に収穫、加工しています。

完全無農薬・完全無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブサプリメントブランド:マイハーブプログラム完全無農薬・完全無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブサプリメントブランド:マイハーブプログラム




関節痛はなぜ起こる?

人間の身体には骨と骨をつなぐ色々な関節があります。
そのおかげで私たちは体を曲げたり伸ばしたり、多様な動きをすることができます。
主な関節とは、肩、肘、手首、股関節、膝、足首などですが、その中でも特に膝は痛みが起こりやすい部位です。
膝関節が痛むと、座る、立つ、歩くといった日常的な動きにも支障が出るため、大きなストレスとなります。
では、どうして膝関節には痛みが出やすいのでしょうか。
通常、関節には弾力性のある関節軟骨が存在し、骨と骨が直接触れ合って損傷しないよう保護されています。
また、クッション性のある半月板や潤滑油の役割を果たす関節液なども、膝のスムーズな曲げ伸ばしのために必要なものです。
しかし、関節軟骨や半月板は、体重や加齢の影響を受け、すり減っていくものです。
軟骨の摩耗が進行すると、関節がだんだん変形し、痛みを伴うようになります。
ひどくなると、膝がはれたり、熱を持ったりするケースもでてきます。
徐々に進行していくものなので、膝関節に違和感があったら、早めに対策を施していくことが大切です。
「肥満」・「加齢」・「O脚」に要注意

関節痛が進行する要因として、4つのキーワードに注意する必要があります。
1.肥満
膝関節は自分の体重を常に支えているわけですが、それに歩く、走るといった運動が伴うことで、体重の何倍もの負担が膝にかかってきます。
肥満によって体重が増えると、それだけ膝にかかる負担も大きくなります。
2.加齢
残念ながら、長年関節を使っていると、軟骨がすり減り、減少してしまいます。
また、 加齢によって体内でつくられる軟骨成分の生産能力が低下していくことも影響しています。
そしてもう一つ、加齢による筋力の低下で、関節がぐらついて変形を起こしやすいというリスクも高まります。
特に、女性は元々筋力が弱いうえに、女性ホルモンの減少によって骨粗しょう症を起こし、骨がもろくなっていく危険があります。
3.O脚
O脚の方は関節の内側に負担が集中するので、その部分の負担が大きくなり、関節軟骨の摩耗、変形が進行しやすいリスクがあります。
関節通に効果的な栄養成分は?

関節痛は、骨がもろくなり関節の組織が劣化している状態ですから、関節組織の回復と骨自体の強化が必要です。
関節組織の回復には、軟骨成分である「グルコサミン」「コンドロイチン」「コラーゲン」などの摂取が一般的に勧められています。
そして、骨の強化に欠かせない栄養素は、「カルシウム」「ビタミンK2」「ビタミンD」「ビタミンC」です。
ここでは、骨自体の強化に関する栄養素を更に詳しく解説します。
・カルシウム
カルシウムは骨の原料です。
慢性的に不足が続くと骨がスカスカとなり、関節の変形を悪化させますので、積極的に摂取する必要があります。
カルシウムを多く含む食品としては、乳製品や魚介類、大豆製品などがあります。
また、カルシウムは骨粗しょう症に対するリスク低減表示が可能なトクホの関与成分として許可を受けていますので、トクホ商品をサプリメントとして継続して摂取するのも良いでしょう。
・ビタミンK2
ビタミンK2はカルシウムが骨へ沈着し、骨質を向上させる、骨を丈夫にする上で重要な役割を担っていることが分かっています。
納豆などの発酵食品に多く含まれていますが、こちらも骨関連のトクホの関与成分として許可されていますので、サプリメントとして摂取することができます。
・ビタミンD
ビタミンDはカルシウムの吸収と骨への沈着を助ける働きをします。
カルシウムが十分でも、ビタミンDが不足していると満足な骨ができません。
鮭、さんま、いわしなどの魚類や、乾燥きくらげ、天日干し椎茸などのキノコ類に多く含まれています。
なお、ビタミンDは日光に当たると皮膚で合成され、体内に蓄えられるという特性があるので、日光に当たる機会が少ない方は、積極的な摂取が求められます。
・ビタミンC
骨とビタミンCの関係は意外と知られていないかもしれませんが、実はビタミンCもカルシウムの吸収に必要な栄養素です。
また、ビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠な栄養素ですから、不足すると関節組織にも悪影響です。
ビタミンCはアセロラ、グアバ、イチゴ、みかんなどの果物や、赤ピーマン、ブロッコリー、かぼちゃなどの緑黄色野菜から多く摂取できますが、摂取後2、3時間で排泄されてしまうという特性を持ちます。
ですから、3食に分けてきちんと摂取する必要があります。
食材だけでは補えないようでしたら、サプリメントを使っての積極的な摂取がおすすめです。

TOP

プエラリア関連

健康食品&サプリメント

健康食品&サプリメント01
健康食品&サプリメント02
健康食品&サプリメント03
健康食品&サプリメント04
健康食品&サプリメント05
健康食品&サプリメント06
健康食品&サプリメント07
健康食品&サプリメント08
健康食品&サプリメント09
健康食品&サプリメント10
健康食品&サプリメント11
健康食品&サプリメント12
健康食品&サプリメント13
健康食品&サプリメント14
健康食品&サプリメント15
健康食品&サプリメント16
健康食品&サプリメント17
健康食品&サプリメント18
健康食品&サプリメント19
健康食品&サプリメント20
健康食品&サプリメント21
健康食品&サプリメント22
健康食品&サプリメント23
健康食品&サプリメント24
健康食品&サプリメント25
健康食品&サプリメント26
健康食品&サプリメント27
健康食品&サプリメント28
健康食品&サプリメント29
健康食品&サプリメント30
健康食品&サプリメント31
健康食品&サプリメント32
健康食品&サプリメント33
健康食品&サプリメント34
健康食品&サプリメント35
健康食品&サプリメント36
健康食品&サプリメント37
健康食品&サプリメント38
健康食品&サプリメント39
健康食品&サプリメント40
健康食品&サプリメント41
健康食品&サプリメント42
健康食品&サプリメント43
健康食品&サプリメント44